キャリア女性の離婚

自分自身で輝く キャリア女性

医学部に進学する女性が多くなってきている事を、前にも書きましたが「女性医師」はキャリア女性そのものだと思います。では今回は「女性医師」の結婚について実例を挙げてながら書いていきます。

女医を選んだ人生

本当に凄い事だと思います。仕事の内容はもちろんですがこの職業を選択した時点でまず「結婚」について自らハードルを上げています。男性からしても自分より遥かに高学歴・高収入の女性はお付き合いの対象にできないでしょう。プライドの高い男性は惨めに感じてしまうため、かなり敬遠されやすくなってしまいます。

女医さん自体とてもプライドの高い方が多いです。もうこれは仕方ないですし当たり前です。そうなると自然に結婚も医師同士というが女医さんがとても多いです。

男性医師と同じように仕事をこなしていてもどうしても女性ですから心の支えが必要となり寄り添える人が必要になります。女性として結婚し家庭も子供も欲しいという気持ちが出てきます。

そんで結婚します。

ですが、女医さんの「結婚➡離婚➡シングルマザー」このケースがとても多いことも事実です。

医師になるために青春時代ほぼ勉強だけではなかったでしょうか。料理をすることも、裁縫をすることも、家庭的な事が出来る時間もなかったと思います。それが結婚していきなり仕事と家庭の両立なんて無理です。そこに育児が加わったらパンクしてしまいます。

医師である夫に協力を求めても日々のハードな仕事で疲れて想像以上に手伝ってくれない不満がどんどん膨らむ。言い争うも多くなるし夫婦仲が冷え切って来る旦那様は居心地の良い場所を探して浮気に走る離婚。

女医さんは離婚しても経済的に困りません。

「こんなに私だけが大変な結婚生活なら離婚して一人で子供を育てて生きて行った方がいい」

と言ったかどうかわかりませんが、これに近い気持ちで離婚を選択します。

この選択で一番の犠牲者はお子様です。離婚を選択したときにお子様がいないを切に願います。

キャリア人生を選択したら、結婚する前に先の事をしっかりと決めてお互いとことん話し合い自分の考えと生き方を相手に伝えるべきです。ケンカも言い争いも結婚する前にドンドンすべきです。

輝くキャリア女性

私が知っている2人の女医さんのケースを紹介します。素敵な女性で仕事も家庭も旦那様と上手にバランス良く、今もバリバリ輝いている女性たちです。

ケース1

医師同士で結婚。お互い結婚する前から「開業医」を目標にしていたため結婚して妻が開業する医院の2階を自宅にして夫は違うところで「開業」

お互い仕事と家庭の両立が出来ないため、家事の全てを「家政婦」を結婚当初から長年雇っています。そうすることで夕飯などの心配もせず仕事に集中できます。

それに料理とは無縁の世界だったのでそんな自分が料理をすること自体がストレスで人の何倍も時間をかけて作って出された料理が「激マズ」だったら旦那様も食事が恐怖の時間になってしまいます。

それよりも毎回「家政婦の志麻さん」のような方に料理を作ってもらっていたらどんなにか幸せか。食事中の夫婦の会話も自然と弾みます。

もちろんお子様も2人いて母乳で育てていました。診療中にお子様が泣くと2階の「家政婦さん」がブザーで知らせてくれたそうです。すると

「先生只今授乳中。○○分ほどお待ちください」と受付で表示。

小さなころから「家政婦さん」と過ごしていたお子様には不満もなかったそうです。なぜなら家事は「家政婦さん」にお任せでしたがその代わり子供の行事はどんなことがあっても絶対に参加したそうです。夫婦でフル出席。お盆や、年夏年始など長期にお休みが取れるときは必ず家族で海外旅行。

夫婦2人で開業医としてバリバリ働いていますのでとても裕福でなんといっても家族仲良くとても輝いている女性です。

お互い結婚する前に話し合い納得した上で結婚した輝くキャリア女性の例です。

ケース2

勤務医の女医さんのケースですが、結婚された旦那様は同業の「医師」ではありません。なんと、「料理人」です。どのようないきさつで出会い結婚したのか詳しいことはわかりませんが、どちらかというと結婚して旦那様が奥様の仕事に集中できるようにサポートに徹し、料理は本職なのでもちろんですが、家事はほとんど旦那様がやってくれていたそうです。

そして、お子様が出来た時点でなんと自宅で旦那様は「小料理店」を始めました。子育てがあるため自宅で仕事が出来る状態を作ったそうです。

そして、ここが凄いです。奥様が夜勤で帰れない時などお子様の授乳をどうされたと思いますか?

なんと、キャンピングカーを買って夜勤の時は病院の駐車場で旦那様は子供を連れてキャンピングカーの中で寝泊まりしたそうです。授乳時間になると奥様は車の中で授乳を済ませ仕事に戻る・・。

幼い頃から忙しいお母さんの代わりを旦那様がいろいろやっていたため、次第にPTAのママ友がたくさんできて、何かあると父兄の皆様が旦那様のお店に集合して食事をしながら談笑する日々だそうです。

まとめ

キャリア女性が結婚しても仕事を続けていきたいと思うなら、今回紹介した真逆のケース

「パートナーと同じレベルで仕事を続けていけることを理解してくれる男性」もしくは「自分が仕事を続けて行けるように完全にサポートしてくれる男性」

この極端な両者のどちらかを選択するしかないと思います。

どちらにも偏れない中途半端な男性の考え方の場合、離婚のリスクが高くなるように思えます。

「ダメだったら離婚すればいいや」の考えは生まれたお子様の人生を変えてしまいます。結婚する前にきちんと先の事を考えて、輝く素晴らしいキャリア女性になってください。心から応援してます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました