キャリア女性とTOEICチャレンジ

自分自身で輝く キャリア女性

キャリア女性としての人生を選択した場合、やはりそこに「資格」を持っているか・いなかでは違います。「医師」「弁護士」「司法書士」・・・。ハイレベルな「国家資格」を取得していればいるほどその「資格」の重みは女性が社会にでて世の男性と張り合って生きていくためには有利な「資格」です。

それとは別に現在160か国が参加しているグローバルスタンダートなテスト「TOBIC」

「英検」とよく比較されますが、「英検」は日本独自のテストで内容も学生向けに作られています。

一方「TOBIC」は「社会人向け」に作られているためビジネス英語に関する出題が多い試験です。現在日本の企業でも英語を使用する部署では「TOEIC」スコアを採用する企業は5割を超えています。

キャリア女性もこれからは「TOBIC」のスコアを上げていくことがキャリアに繋がっていきますので「TOBIC」のスコア伸び悩んている方やこれからチャレンジしようとしている方はぜひ最後までお付き合いください。

TOEIC 世界レベルと日本レベルを比較

TOEICには3種類がありその中でも最も年間受験者が多くメジャーなのが 

「TOEIC 」Listening&Reading Test(トーイック・リスニング&リーディグテスト)TOEIC L&Rと表記します。 スコアが5点刻みで算出され受験者全員が同じ内容のテストを受けます。

「TOEIC」は「読む力・聞く力」を点数化して評価され、問題数はリスニングセクション100問45分。リーディングセクションで100問75分。

国別平均スコアでの「TOEIC」レベルはどうなのか比較してみます。

日本の「TOEIC」平均 574点 31位でした。年々平均点数は上がってきていますが順位は足踏み状態です。では、同じアジアの国と比較してみました。

世界ランク点数
 5位フィリピン793点
 20位マレーシア681点
 21位韓国679点
 36位台湾565点
 38位 香港548点
 39位中国547点
 42位ベトナム531点
TOEIC L&R 国・地域別平均スコア(2021年)

 フィリピンはやはり世界の中でもトップレベルですね。以前も書きましたが、幼い頃から徹底した「英語教育」をして「英語」に触れることが多い環境になっていることでリスニングレベルがアジア圏の中でもダントツなんでしょう。

日本は高い教育水準でありながら、アジア圏の中で教育環境も生活環境も厳しい国々よりも「TOEIC」については順位が低か順位は上でも点数に大差がありません。

世界のトップ10の国と比較すると以下の通りです。

順位1位2位3位4位5位6位7位8位9位10位
ドイツチリレバノンイタリアフィリピンコスタリカベルギーインドモロッコヨルダン
点数826点807点800点794点793点765点760点759点749点745点
TOEIC L&R 国・地域別平均スコア(2021年)

世界のレベルから見ると日本の「TOEIC」スコアはまだまだ低くトップ3の800点~895点内のレベルは日本の英検で言うと準1級程度に相当します。短文も英文もかなり細かなところまで聞き取れるレベルで自分の意見を述べ複雑な要求にもしっかり応じられるレベルの国ってすごいですよね。

4位以下の700点~795点内のレベル英検で2級~準1級相当で短文も長文も聞き取れますし自分の意見も述べる事が出来着るレベルですからかなりハイレベルな英語能力を持っている人が多い国です。

日本企業でTOEICスコアについて

「TOEIC」は日本の企業もかなり重要視しているところが多くなってきています。キャリア女性を目指すのなら「TOEIC」のスコアを最終目的どこまで上げていくかしっかりと目標を持つことがとても大切になってきます。

具体的にスコアの目標ランクの目安ですが参考にしてみてください。

600~695点

キャリア女性ならばここが最低ラインだと思ってください。なぜなら多くの企業が求めている「TOEIC」が600点~です。英検で言うならば準2級レベルは最低でも必須になると思ってまずはここを一つの目標にしてください。

その次のステップとして700点~795点  800点~895点といったくくりでステップアップしていくのですが、このサイトを読んでいる方の中には既に最低レベルはクリアしている方もいるかもしれませんが今回は「TOEIC」にチャレンジする方対象に進めていきたいと思っています。

TOEIC効果的な学習方法

目標の設定

TOEICのスコア目標を設定しましょう。自分の現在のレベルと目標のスコアを明確にすることで、学習の方向性が定まります。

スコアの分析と弱点の特定

過去のTOEICの模擬試験や実際の試験結果を分析し、自身の弱点と改善すべき領域を特定しましょう。リーディングセクションとリスニングセクションそれぞれでどの問題タイプやスキルが苦手なのかを把握します。

過去問を活用する

TOEICの学習には、過去の問題集を使うことが効果的。過去の問題を解くことで、テストの形式や出題傾向を把握することができます。また、解説を読みながら間違えた問題を復習し、同じタイプの問題を解く練習をすることも大切です。


焦点を当てた学習

弱点や改善すべき領域に焦点を当てた学習を行いましょう。例えば、リーディングセクションで長文読解が苦手な場合は、長文を集中的に読み、メインアイデアや詳細を把握する能力を高める練習を行います。リスニングセクションで聞き取りが難しい場合は、英語の音声に慣れるためにリスニング練習を繰り返し行いま

問題集や参考書の活用

TOEIC対策の問題集や参考書を使って学習を進めましょう。解説付きの問題集や練習問題集を使用することで、正しい解答方法やスコアアップのためのテクニックを学ぶことができます。

リスニングの向上

TOEICのリスニングセクションでは、速いスピードで英語の音声が流れるため、リスニング力を向上させることが重要です。英語の映画やドラマを視聴したり、英語のポッドキャストやオーディオブックを聴く習慣を身につけることで、リスニングスキルを高めることができます。


リーディング力の向上

TOEICのリーディングセクションでは、長文読解や語彙・文法の理解が求められます。毎日の英語の読書習慣を持ち、ビジネス関連の記事や新聞、雑誌などを読むことで、リーディングスキルを向上させましょう。


定期的な模擬試験の受験

定期的に模擬試験を受けて実力を確認しましょう。模擬試験の結果を分析し、間違えた問題や課題を特定して改善することが重要です

継続と努力

TOEICのスコアを向上させるには、継続的な学習と努力が必要です。毎日少しずつでも学習に取り組み、目標に向かってコツコツと努力しましょう。

Time IS  MONEY

学習のポイントを書き出すと思いつくだけでこれだけの項目が出てきますが、さらに掘り下げると項目がまだ増えてしまいます。

ポイントを自分で忙しい日々の中で計画的にカリキュラムを組んで学習していくことはできない事は決してないのですが、効率よく学習していくのは難しいと思います。

そのためには絶対チューター・コーチを活用することをおすすめします。

わからないことなどを自分で調べる時間を質問して教えてもらう方効率が良いです。語学は数学と違い答えが出るまでの過程をじっくり考える必要はないので個別指導やオンラインレッスンを受け多くの英語に触れることが大切で独学より確実に結果が出やすいです。

学習の計画立案や時間管理、試験対策など、学習の効率性や成果を向上させるためのアドバイスをしてもらえますし、独学と違いカリキュラムがが組まれているため「絶対にやらなければいけない」状況で自分に厳しく出来るため苦しいかもしれませんがレベルアップも早いです。

おすすめ

「TOEIC」「英検」などの試験に特化したカリキュラムで「鬼管理」してくます。真剣に取り組み短期間に目標を達成するために24時間体制でわからない事にサポートしてくれます。忙しい社会人の学習サポートとしてはとてもおすすめです。

TOEICに特化したこちらのスクールは東京都港区の田町駅にしかないため通学希望者は東京近辺の方に限られてしまいます。

ただ、オンラインレッスンも行っていますのでマンツーマンでレッスンを受講できますので安心してください。

「TOEIC」チャレンジは性別、年代、職業関係なく学習することは1ミリの無駄もなく自分にとってプラス以外なにものでもありません。ぜひトライしてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました